専攻科のご紹介

専攻科の目的

本校の専攻科は、福島工業高等専門学校における5年一貫教育という特徴を生かした、教育課程のうえに、精深な程度において、学際的領域や広い視野に目を向けた高度な専門的学術を教授研究し、もって豊かな教養と人格を備え、広く産業の発展に寄与する人材を育成します。

学校制度における専攻科の位置づけ

line

専攻科の教育過程

line2

福島高専専攻科の教育方針

本校の専攻科は各専攻とも、早期専門教育や実験・実習・演習などの実践的教育を重視する高専制度の特徴を生かすと共に、本校独自の工学系・ビジネス系学科を併せ持つことによる利点、すなわちシナジー教育を活用し、更に2年間でより高度な科学技術・ビジネス教育を実施することによって、外国語能力やコミュニケーション能力を備えた国際的な実践的技術者と外国語・情報科学と共に工学的知識を修得したビジネスパーソンを育成することを目的としています。
また、復興人材育成特別プログラムにより、地域の復興に活躍できる人材を育成します。

産業技術システム工学専攻

本科の機械工学科、電気工学科、物質工学科、建設環境工学科のそれぞれの専門分野の基礎学力を充実させ、その応用性や専門性を深める。
また復興人材育成特別プログラムにより地域復興に活躍できる人材を育成する。
本専攻は次の4つのコースから成る。

【生産・情報システム工学コース】

機械系・電気系の材料工学分野及び機械加工系、電子・情報工学系を融合した教育・研究を行う。機械設計関連、システム制御関連、電子物性関連及び情報関連分野に関するより高度で応用性の高い専門科目を学び生産・情報分野で活躍できる人材を育成する。
このコースの教育研究は復興人材育成特別プログラムのロボット技術、メカトロニクス、防災通信等と密接に関係しており、これらの分野で地域の復興に活躍できる人材も育成する。

【エネルギーシステム工学コース】

機械系・電気系のエネルギー関連分野の教育・研究を行う。エネルギー分野に関するより高度で応用性の高い専門科目を学び、機械・電気関連のエネルギー分野で活躍できる人材を育成する。
このコースの教育研究は復興人材育成特別プログラムの再生可能エネルギー分野、原子力安全工学分野にも密接に関係しており、エネルギー関連産業で活躍できる人材も育成する。

【化学・バイオ工学コース】

応用化学分野・生命工学分野及びそれらの関連分野の教育・研究を行う。物質工学科(準学士課程)専門分野の基礎学力をさらに充実させたうえで、その専門性を高める。さらに、現代の応用化学分野・生命工学分野及びそれらの関連分野における先端技術やその動向に柔軟に対応できる人材の育成を目指す。
このコースの教育・研究は、復興人材育成特別プログラムの放射線計測関連分野に関係しており、廃炉技術の重要な一分野である放射線及び放射性物質の取扱いに必要な種々の基本的な学識を修めさせることも目標としている。

【社会環境システム工学コース】

建設・環境系の教育・研究を行う。土木工学と環境工学に関する専門知識を修得し、さらに関連科目の履修を通して複眼的視野を深める。これらを通して日々進化する先端技術に柔軟に対応しつつ、環境に配慮することのできる建設技術を身につけた人材の育成を目指す。
このコースの教育研究は、復興人材育成特別プログラムの減災工学分野に関係しており、まちを災害から守る技術分野や災害復興に取り組む分野で活躍することのできる人材の育成を行う。

ビジネスコミュニケーション学専攻

準学士課程のコミュニケーション情報学科の専門的な基礎学力を充実させ、その応用性や専門性を深める。また復興人材育成特別プログラムにより地域復興において活躍できる人材を育成する。
本専攻は次の1つのコースから成る。

【ビジネスコミュニケーション学コース】

準学士課程のコミュニケーション情報学科で修得した社会学系知識の応用力を育み、専門性を深めるビジネス系科目を履修する。
さらに工学系―ビジネス系シナジー効果の期待できる科目を履修することにより、工学的な基礎知識を獲得し、工学的な思考スキルと国際社会に対応したビジネスコミュニケーション能力を併せ持つ、地域に根ざしたグローバルな視点を有する人材の育成をめざす。
このコースでは復興人材育成特別プログラムに持続可能な開発の視点から取り組んでいる。都市経済学や地域経済産業振興策、意思決定手法、地域自治体などの知識を修得して、地方自治体の復興に活躍できる人材も育成する。

専攻科の入学定員等

専攻科の入学定員及び対応する主な準学士課程(基礎となる学科)は次のとおりです。
line3

復興人材育成特別プログラム

〇プログラムの概要

福島高専専攻科では、文部科学省の平成23年度「大学等における地域復興のためのセンター的機能整備事業」に採択されたことを受け、平成25年4月から再生可能エネルギー、原子力安全、減災工学の3分野において地域復興に必要な教育を実施するため、学生定員5名の復興人材育成特別コースを開設しました。
専攻科改組により、「復興人材育成特別コース」は「復興人材育成特別プログラム」となり、上記3分野における地域復興に必要な教育は継続して行われます。
復興人材育成特別プログラムはどの専攻からでも選択することができます。
入学後はそれぞれの専攻、コースに所属し、専門の復興関連科目を履修することになります。

交通アクセス

JR
◎品川-いわき 特急ひたちで約2時間15分
◎仙台-いわき 高速バスで約3時間(JR常磐線は現在、震災の影響で「浪江-富岡」間が不通となっています。)
◎郡山-いわき 普通列車または高速バス共に約1時間30分
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
いわき駅からバスで約10分(新常磐交通:6番のりば鹿島経由小名
浜行・郷ヶ丘行・明星大学行きいずれかに乗車し、「高専前」で降車)自動車
◎高速道路利用の際は、常磐自動車道、磐越自動車道とも
「いわき中央IC」から約15分高速バス
◎各方面からいわき行きの高速バスも運行されております