ビジネスコミュニケーション学専攻紹介

ビジネスコミュニケーション学専攻

準学士課程のコミュニケーション情報学科の専門的な基礎学力を充実させ、その応用性や専門性を深める。また復興人材育成特別プログラムにより地域復興において活躍できる人材を育成する。
本専攻は次の1つのコースから成る。


【ビジネスコミュニケーション学コース】

準学士課程のコミュニケーション情報学科で修得した社会学系知識の応用力を育み、専門性を深めるビジネス系科目を履修する。
さらに工学系―ビジネス系シナジー効果の期待できる科目を履修することにより、工学的な基礎知識を獲得し、工学的な思考スキルと国際社会に対応したビジネスコミュニケーション能力を併せ持つ、地域に根ざしたグローバルな視点を有する人材の育成をめざす。
このコースでは復興人材育成特別プログラムに持続可能な開発の視点から取り組んでいる。都市経済学や地域経済産業振興策、意思決定手法、地域自治体などの知識を修得して、地方自治体の復興に活躍できる人材も育成する。

ビジネスコミュニケーション学専攻の主な科目構成

(()内は単位数を示す)

一般科目 専門関連科目
倫理学 (2) 現代英語Ⅰ (2)    産業財産権 (2) 現代化学 (2)
日本文化論 (2) 現代英語Ⅱ (2)    産業技術論 (2) システム論 (2)
グローバル研修 (1) 現代英語Ⅲ (2)    情報科学論 (2) 環境解析評価論 (2)
           科学技術史 (2) 特別講義Ⅰ (1)
           製品開発論 (2) 特別講義Ⅱ (2)
           ビジネス英語 (2)    
    (6単位以上修得)     (14単位以上修得)
ビジネスコミュニケーション学専攻
ビジネスコミュニケーション学コース専門科目
  特別研究Ⅰ (5) 広告メディア論 (2)
  特別研究Ⅱ (7) 数理意思決定論 (2)
  新事業開発 (2) 経済産業論 (2)
  生産管理論 (2) 経営分析論 (2)
  モノづくり概論 (2) インターンシップB (2)
  経営管理論 (2) インターンシップC (2)
  データベース論 (2) 再生可能エネルギー工学 (2)
  経営学演習 (2) 応用防災通信 (2)
  システムデザイン演習 (2) 原子力安全工学 (2)
  グローバル経営論 (2) 放射線工学 (2)
  産業安全工学総論 (2) 環境保全工学 (2)
  インターンシップA (2) 減災工学 (2)
  財務諸表論 (2) 都市経済学 (2)
        (専門科目42単位以上修得)

特別研究の主なテーマ(平成30年度修了生)


地方経済における農業の6次産業化支援組織の可能性と課題-福島県いわき市を事例に-
日本のおみやげ文化の変遷
若者の精神的な生きづらさに対する現代の認識について
安全性に対する不安感・不信感の合理性-福島第一原発事故をめぐる相互理解の壁-
福島県産農産物に対する消費者意識
復興過程における被災地の観光地化の両義性と構造

EY067_L