産業技術システム工学専攻紹介

産業技術システム工学専攻のコース紹介

産業技術システム工学専攻のコースは、下記4コースとなります。

本科の機械システム工学科、電気電子システム工学科、化学・バイオ工学科、都市システム工学科のそれぞれの専門分野の基礎学力を充実させ、その応用性や専門性を深める。
また復興人材育成特別プログラムにより地域復興に活躍できる人材を育成する。
本専攻は次の4つのコースから成る。


【生産・情報システム工学コース】

機械系・電気系の材料工学分野及び機械加工系、電子・情報工学系を融合した教育・研究を行う。機械設計関連、システム制御関連、電子物性関連及び情報関連分野に関するより高度で応用性の高い専門科目を学び生産・情報分野で活躍できる人材を育成する。
このコースの教育研究は復興人材育成特別プログラムのロボット技術、メカトロニクス、防災通信等と密接に関係しており、これらの分野で地域の復興に活躍できる人材も育成する。


【エネルギーシステム工学コース】

機械系・電気系のエネルギー関連分野の教育・研究を行う。エネルギー分野に関するより高度で応用性の高い専門科目を学び、機械・電気関連のエネルギー分野で活躍できる人材を育成する。
このコースの教育研究は復興人材育成特別プログラムの再生可能エネルギー分野、原子力安全工学分野にも密接に関係しており、エネルギー関連産業で活躍できる人材も育成する。


【化学・バイオ工学コース】

応用化学分野・生命工学分野及びそれらの関連分野の教育・研究を行う。化学・バイオ工学科(準学士課程)専門分野の基礎学力をさらに充実させたうえで、その専門性を高める。さらに、現代の応用化学分野・生命工学分野及びそれらの関連分野における先端技術やその動向に柔軟に対応できる人材を育成する。
このコースの教育研究は、復興人材育成特別プログラムの放射線計測関連分野に関係しており、廃炉技術の重要な一分野である放射線及び放射性物質の取扱いの分野で活躍できる人材も育成する。


【社会環境システム工学コース】

建設・環境系の教育・研究を行う。土木工学と環境工学に関する専門知識を修得し、さらに関連科目の履修を通して複眼的視野を深める。これらを通して日々進化する先端技術に柔軟に対応しつつ、環境に配慮することのできる建設技術を身につけた人材を育成する。
このコースの教育研究は、復興人材育成特別プログラムの減災工学分野に関係しており、まちを災害から守る技術分野や災害復興に取り組む分野で活躍できる人材も育成する。

CF068_L

産業技術システム工学専攻の主な科目構成

(()内は単位数を示す)

一般科目 専門関連科目
倫理学 (2) 現代英語Ⅰ (2)    産業財産権 (2) 現代化学 (2)
日本文化論 (2) 現代英語Ⅱ (2)    産業技術論 (2) システム論 (2)
グローバル研修 (1) 現代英語Ⅲ (2)    情報科学論 (2) 環境解析評価論 (2)
   科学技術史 (2) 特別講義Ⅰ (1)
   製品開発論 (2) 特別講義Ⅱ (2)
   ビジネス英語 (2)
(6単位以上修得) (14単位以上修得)
産業技術システム工学専攻 共通専門科目
生産管理論 (2) 数理計画論 (2)
応用解析学 (2) 産業安全工学総論 (2)
力学総論 (2) インターンシップA (2)
システムデザイン (2) インターンシップB (2)
材料科学 (2) インターンシップC (2)
生産・情報システム
工学コース専門科目
エネルギーシステム
工学コース専門科目
化学・バイオ工学コース
専門科目
社会環境システム
工学コース専門科目
特別研究Ⅰ(4) 特別研究Ⅰ(4) 特別研究Ⅰ(4) 特別研究Ⅰ(4)
特別研究Ⅱ(10) 特別研究Ⅱ(10) 特別研究Ⅱ(10) 特別研究Ⅱ(10)
生産・情報システム工学実験(2) エネルギーシステム工学実験(2) 化学・バイオ工学実験(2) 社会環境システム工学実験(2)
応用電子制御工学(2) 応用電子制御工学(2) プロセス物理化学(2) 環境保全工学(2)
応用メカトロニクス(2) 再生可能エネルギー工学(2) 放射線工学(2) 維持・管理工学(2)
品質工学(2) 品質工学(2) 環境保全工学(2) 水工学(2)
放射線工学(2) エネルギー変換工学(2) 再生可能エネルギー工学(2) 放射線工学(2)
応用塑性加工学(2) 放射線工学(2) 原子力安全工学(2) 地下空間工学(2)
原子力安全工学(2) 応用塑性加工学(2) 応用材料化学(2) 減災工学(2)
産業応用情報工学(2) 原子力安全工学(2) 生体分子機能工学(2) 原子力安全工学(2)
制御システム工学(2) 産業応用情報工学(2) 応用合成化学(2) 構造解析論(2)
応用防災通信(2) 制御システム工学(2) 応用メカトロニクス(2) 再生可能エネルギー工学(2)
熱流体工学(2) 電力流通工学(2) 減災工学(2) 応用メカトロニクス(2)
環境保全工学(2) 熱流体工学(2) 電力流通工学(2) 電力流通工学(2)
再生可能エネルギー工学(2) 環境保全工学(2) 応用防災通信(2) 応用防災通信(2)
減災工学(2) 応用メカトロニクス(2) 都市経済学(2) 都市経済学(2)
電力流通工学(2) 減災工学(2) 構造物理化学(2) 水環境工学(2)
都市経済学(2) 応用防災通信(2) 応用有機化学(2)
応用電磁気学(2) 都市経済学(2) 現代分析化学(2)
応用半導体工学(2) 応用電磁気学(2)
電子物性工学(2) 応用半導体工学(2)
電子物性工学(2)
(専門科目42単位以上修得) (専門科目42単位以上修得) (専門科目42単位以上修得) (専門科目42単位以上修得)

特別研究の主なテーマ(令和2年度修了生)


過酷事故を考慮した原子炉格納容器鋼の強度評価
植生域におけるドローン撮影画像の構造的特徴量の分析
汎用ディジタルカメラと赤外フィルタを用いた植生観測に関する研究
生体情報を用いた製品の使い心地評価に関する研究
同期回転機構をもったシリンダ形状PM型リニア・ハルバッハ配列の磁場スライ
 ド特性に関する研究
フロート型螺旋水車を備えた発電装置の開発
後流平板付き角柱の振動挙動の解明
十字交差系における上流柱状物体の断面形状が縦渦励振に与える影響
PG板を用いた微風力発電のための非接触磁気支持・回転アシスト機構に関する

 研究V字構成のHalbach配列永久磁石を用いたグラファイト板に作用する磁気反発力

 に関する研究
薄翼を用いるマイクロクロスフロー水車の模型実験に関する研究
微小領域特性評価法の検討とイオン照射した鋼材への適用
ゲル化での流動性消失課程のその場観察
無代謝休眠細胞における細胞障害修復機構の解明
単細胞生物 Colpdoa cucullus 休眠シスト特異的細胞構造
メカノケミカル処理によるバナジン酸塩系光触媒の合成
銅水砕スラグの化学的利用法の検討
メキシルアミノトリアジンを導入した2次非線形光学用アゾ化合物の合成と評価
駅を中心とする小規模市街地の市街地構造の変化について
動力学モデルを用いた飛砂に関する風洞実験の再現解析
放射性物質を含む廃棄物等の処分のための安全性及び社会合意形成に関する研究
AIによる路面走行映像からの変状自動検出に関する基礎的研究

被災確率論による液状化判定モデルを用いた液状化マップの作成

コンクリート打継部の付着性状に及ぼす表面処理の効果

動力学モデルによる吹雪の低温風洞実験の再現解析

OpenFOAMによる飛砂の粒子追跡型解析モデルの検討

降雨強度の違いによる盛土の崩壊機構に関する実験的検討

飽和度変化によるベントナイトの強度特性に関する実験的検討

MPPIC法による吹雪の運動形態の把握について

凝集補助剤を活用した凝集沈殿処理の効率化

幹線道路沿線地域の低未利用地の実態について

iryou